フロントラボ: 経済学・公共政策大学院院試・大学院留学
 
FRONT LAB

イギリスに大学院留学をするためにはTOEFLとIELTSのどちら? – VISAはIELTSだけ

海外留学をするためには英語力が求められますが、TOEICで高得点を取れば良いと思う人が多いです。しかし、英語能力を証明するためにはTOEFLもしくはIELTSが対象になり、目的に合わせて最適な方法を選ぶ必要があります。イギリスに留学をするときは有名校の大学院になり、目的に合わせて学ぶ内容を決め最適なカリキュラムを選ぶことが大切です。

 

TOEFLは「Test of English as a Foreign Language」の略称で、テスト方法はインターネットが中心です。テスト内容は4つのセクションがあり、Reading、 Listening、 Speaking、Writingです。配点はそれぞれのセクションで30点満点です。大学院に留学するためには概ね80~100点が必要になります。

 

一方のIELTSは「International English Language Testing System」の略称で、テストはReading、 Listening、 Speaking、Writingの4つのセクションで構成されます。

IELTSには、主に「アカデミックテスト」と「ジェネラルトレーニング」の2つの種類の試験があります。両試験は問題形式がそれぞれ異なるので、受験する際は注意してください。各セクション9.0点が満点になります。

 

4つのセクション全体のスコア(このことをオーバーオールスコアと呼びます)は、各セクションのスコアの平均値で算出されます。イギリスの大学院に留学する際には、IELTSのうち「アカデミックテスト」のスコアが求められることが多く、同試験で6.5~7.0程度のオーバーオールスコアが留学要件とされる場合が多いようです。

 

イギリスの大学にはIELTSのスコアしか受け付けないところもあれば、TOEFLも受け付けるところもあるので、自身が志望する大学院が求める英語試験を必ず確認してください。

 

さらに、イギリスの大学院に留学するためには、ビザを取得する必要があります。ビザ取得の要件にはIELTSのスコアなど貴方の英語力を証明する試験のスコア提出が含まれます。ここで注意すべきは、TOEFLのスコアは提出できないということです。

 

大学院が求める英語試験とビザの取得に必要な英語試験が異なるという人もいらっしゃるかもしれません。

 

ビザの取得に必要なスコアは、語学コースでは、Reading 4.0 Listening 4.0 Writing 4.0 Speaking 4.0 、専門学校、大学で学ぶにはそれぞれ最低5.5以上です。

 

決して高いハードルでは無いので、大学院で例えばTOEFLが必要な人がビザを取得するためだけにIELTSを受験するという戦略も考えられます。