【経済学大学院】Paris School of Economics(パリスクールエコノミクス)

パリスクールオブエコノミクスの概要

パリスクールオブエコノミクス(Paris School of Economics, PSE)は、フランス・パリに位置し、2006年に複数のグランゼコールや大学、高等研究機関の協力の下で設立された経済学専門の大学院的性格の学校です。1988年にパリ高等師範学校(ENS Ulm)の政治経済研究所に設立されたDépartement et laboratoire d’Economie Théorique et Appliquée(DELTA)が出発点となり、その後複数の研究ユニットが統合されてPSEが開校しました。トゥールーズスクールエコノミクス(TSE)と並び、フランスにおける経済学の教育・研究の中心地であり、欧州を代表する経済学の教育・研究機関の一つです​。

 

パリスクールオブエコノミクスプログラム(経済学)

パリスクールオブエコノミクス(Paris School of Economics, PSE)で提供されている修士および博士のコースは以下の通りです:

修士プログラム:

  1. Analysis and Policy in Economics(経済学における分析と政策)
  2. Public Policy and Development(公共政策と開発)
  3. Economic Decision and Cost-Benefit Analysis(経済的決定と費用便益分析)
  4. Economics and Psychology(経済学と心理学)

博士プログラム:

  • PhD Economics(経済学博士):これはÉcole Doctorale d’Économie(ED465)内で提供され、経済学および関連分野(応用数学、統計、社会学)の研究チームがパリ第1大学、EHESS、ENS、ENPCと共同で運営しています。

これらのプログラムは、経済学の教育と研究において高い評価を受けている学校で提供されています。