【Next.js】おすすめ本(入門から学べる!TypeScriptとReactも!)ランキング

 

Next.jsを知ろう

Next.jsは、Reactベースのフレームワークで、サーバーサイドレンダリング(SSR)、静的サイト生成(SSG)、クライアントサイドレンダリングを含むウェブアプリケーションや静的ウェブサイトを構築するために設計されています。Vercelによって開発され、オープンソースで提供されています。その主な特徴としては、以下のようなものがあります。

  • サーバーサイドレンダリング (SSR): Next.jsは、初回ページロード時にHTMLをサーバーで生成し、クライアントに送信することができます。これにより、SEOのパフォーマンスが向上し、ページのロード時間が短縮されます。
  • 静的サイト生成 (SSG): Next.jsはビルド時に静的ファイルを生成することができます。これにより、ホスティングが簡単になり、ロード時間がさらに短縮されます。また、静的ファイルはCDNを通じて配信されるため、パフォーマンスが向上します。
  • ファイルベースのルーティング: Next.jsでは、pagesディレクトリ内のファイル構造を使用してルーティングを自動的に処理します。例えば、pages/about.js/aboutというパスでアクセスできるようになります。
  • APIルート: Next.jsはAPIエンドポイントを簡単に構築できる機能を提供します。これにより、バックエンドロジックを同じプロジェクト内で簡単に管理できます。
  • ホットリロード: 開発中にコードを変更すると、変更された部分が自動的にブラウザに反映されます。これにより、開発プロセスがスムーズになります。
  • TypeScriptの組み込みサポート: Next.jsは初めからTypeScriptをサポートしており、型安全な開発を促進します。
  • 最適化されたパフォーマンス: Next.jsは、画像の最適化、自動的なコード分割、サーバーサイドレンダリングのキャッシュなど、パフォーマンスの向上に役立つ多くの機能を備えています。

 

 

 

 

Next.jsの書籍おすすめランキング

1 . TypeScriptとReact/Next.jsでつくる実践Webアプリケーション開発
2 . これからはじめるReact実践入門 コンポーネントの基本からNext.jsによるアプリ開発まで
3 . 作って学ぶ Next.js/React Webサイト構築 (Compass Web Development)
4 . 基礎から学ぶ Next.js
5 . Next.js超入門
6 . 実践Next.js —— フレームワークの進化から現場のベストプラクティスまで
7 . Next.jsでつくるフルスタックアプリ 前編(バックエンド開発) (Next.jsフルスタック)
8 . Next.jsでつくるフルスタックアプリ 後編(フロントエンド開発) (Next.jsフルスタック)
9 . React.js&Next.js超入門
10 . Next.js、Prisma、GraphQL Code Generator で作るフルスタックWebアプリケーション
11 . 実践TypeScript ~ BFFとNext.js&Nuxt.jsの型定義~
12 . Node.js超入
13 . Nuxt 3 フロントエンド開発の教科書
14 . プロを目指す人のためのTypeScript入門 安全なコードの書き方から高度な型の使い方まで

 

書籍概要

 

TypeScriptとReact/Next.jsでつくる実践Webアプリケーション開発

 

『TypeScriptとReact/Next.jsでつくる実践Webアプリケーション開発』は、React/Next.jsとTypeScriptを使用してWebアプリケーションを開発する方法についての入門書です。本書では、Next.jsの開発をより快適で堅牢にするために、TypeScriptでの開発を進めています。これには、Next.jsによるアプリケーション開発の基本から、最新のフロントエンドやWebアプリケーションの開発方法までが含まれています。

 

本書は以下のようなトピックをカバーしています。

  1. React/Next.jsの基礎:Reactの入門から始まり、ReactとNext.jsの基本的なコンポーネント作成、型の使用、Contextの理解、React Hooksの利用、Next.jsのレンダリング手法などを解説しています。
  2. コンポーネント開発:Atomic Designに基づくコンポーネント設計、styled-componentsを用いたスタイル実装、Storybookを使ったコンポーネント管理、そしてReactコンポーネントのユニットテストについて述べています。
  3. アプリケーション開発:具体的なアプリケーションの設計と環境設定、アプリケーションアーキテクチャ、APIクライアントの実装、コンポーネント実装の準備、そしてコンポーネント設計の実施について詳しく説明しています。

本書はモダンなWebフロントエンド開発に興味がある方、React/Next.jsとTypeScriptを組み合わせた開発スタイルに関心がある方、および実践的なスキルを身に付けたい方に特におすすめです。

 

 

 

 

 

 

これからはじめるReact実践入門 コンポーネントの基本からNext.jsによるアプリ開発まで

 

『これからはじめるReact実践入門 コンポーネントの基本からNext.jsによるアプリ開発まで』は、山田祥寛氏によって著されたReactとNext.jsに関する実践的な入門書です。この書籍は、Reactの基本的な機能から始まり、モダンなJavaScript、TypeScript、そしてNext.jsを用いた本格的なアプリ開発まで、幅広い内容を網羅しています。

 

書籍の内容には、Reactの基本概念やコンポーネントの開発、Reactライブラリの活用、フックの使用方法、ルーティング、テスト、TypeScriptの利用、さらにはNext.jsの活用に関する章が含まれています。たとえば、コンポーネントのPropsとState、フォーム操作、MUIやStorybookなどのライブラリの使用方法、useReducerやuseContextなどのフック、React Routerの使用方法、単体テストやE2Eテストなど、実際の開発において必要となる多くの技術が説明されています。

 

また、この書籍では、最新のReact 18およびNext.js 13に対応しており、Recoilやサーバーアクションなどの新機能にも触れられています。図やサンプルを多用し、理解しやすい内容で構成されており、初心者から知識を深めたい方まで幅広い読者層にお勧めされています。

 

 

 

 

作って学ぶ Next.js/React Webサイト構築 (Compass Web Development)

 

 

『作って学ぶ Next.js/React Webサイト構築』は、ReactベースのフレームワークであるNext.jsを使用し、Webサイトの構築の基本と実践を学ぶことを目指した書籍です。この本は特に、これまでHTMLとCSSを使用してきたがReactには不慣れな方々を対象にしており、実際にブログを作成しながらNext.jsを用いてサイトを構築する方法をステップバイステップで解説しています。

本書では、Next.jsを使ってブログサイトを構築する過程を通じて、Next.jsの基本的な機能だけでなく、Reactの基礎やCSSの取り扱いについても詳細に説明しています。Next.jsはReactの環境を簡単に整えることができ、静的生成やサーバーサイドレンダリングも試すことができるので、学習環境としても、実務のための環境としてもバランスが取れています。

本書の構成は、ReactとJSX、コンポーネント、CSS Modulesとスタイル、レイアウトのスタイル、画像とアイコン、メタデータ、外部データの利用、記事データの表示、動的なルーティング、React Hooksなど、Webサイト構築に必要なさまざまなトピックを網羅しています。

 

 

基礎から学ぶ Next.js

 

『基礎から学ぶ Next.js』は大島祐輝氏によって書かれたReactベースのフロントエンド開発フレームワーク、Next.jsに関する入門書です。この本では、ReactとNext.jsを利用するための基本的な前提知識から、Next.jsを使った実際のアプリケーション開発に至るまでのハンズオンを提供しています。Next.jsの機能や、Webアプリケーション開発でのその活用方法について詳しく解説しており、Next.jsを使った開発を始めたい人に特におすすめの一冊とされています。

 

Next.js超入門

 

『React.js&Next.js超入門』は、JavaScriptフレームワーク「React.js」を使ったWeb開発方法を解説する入門書です。この本は、JavaScriptの入門書を読み終えた方を対象としており、React.jsに加えて、サーバーサイドレンダリングフレームワークの「Next.js」についても解説しています。

 

実践Next.js —— フレームワークの進化から現場のベストプラクティスまで

 

 

『実践Next.js —— フレームワークの進化から現場のベストプラクティスまで』は吉井健文によって著された専門書です。本書はNext.jsに関する実践的な内容を扱っており、フレームワークの進化や現場でのベストプラクティスに焦点を当てていると考えられます。Next.jsは、ReactベースのJavaScriptフレームワークで、効率的なウェブアプリケーション開発に広く用いられています。

 

 

Next.jsでつくるフルスタックアプリ 前編(バックエンド開発) (Next.jsフルスタック)

 

三好アキ氏の『Next.jsでつくるフルスタックアプリ 前編(バックエンド開発)』は、Next.jsを用いたフルスタックアプリ開発の入門書です。この書籍は特に初心者向けに書かれており、ReactやNext.jsに関する事前知識がない方でも取り組めるようになっています。

本書は、Next.jsの最新バージョンに準拠しており、以前のバージョンと比較していくつかの重要な変更点があります。具体的には、Next.jsバージョン13の導入により、「Appフォルダ」の使用やサーバーコンポーネントのデフォルト化など、Next.jsのコードの書き方が大きく変更されています。

前編では、Appフォルダ内の`api`フォルダを使用してバックエンド開発に焦点を当てています。具体的な内容としては、ユーザー登録機能、ログイン機能、CRUD(作成、読み取り、編集、削除)操作、MongoDBとのデータベース連携などが含まれます。

後編では、Reactの基本的な書き方、サーバーコンポーネントの使い方、ユーザー登録ページ、ログインページ、アイテム操作ページ、画像アップロード方法などが紹介されています。

また、本書では、フロントエンドとバックエンドを分けて開発する手法が説明されており、現在のNext.jsで提供されているServer Actionsという機能を用いた開発方法についても言及されています。

Next.jsやフルスタック開発に興味がある初学者や、技術的な知識を深めたい方にとって有益なリソースとなるでしょう。

 

 

Next.jsでつくるフルスタックアプリ 後編(フロントエンド開発) (Next.jsフルスタック)

 

 

『Next.jsでつくるフルスタックアプリ 後編(フロントエンド開発)』は、三好アキ氏によって書かれたNext.jsの教本で、最新のNext.jsに準拠してフルスタックアプリ開発を行うための内容が含まれています。この本は初心者向けで、ReactやNext.jsの知識がなくても学べるようになっています。

後編では、Reactの基本的な書き方、サーバーコンポーネントの使い方、ユーザー登録ページやログインページ、アイテム操作ページ、画像のアップロード方法などを紹介しています。主な変更点には、Next.jsのバージョン更新、Appフォルダの使用、サーバーコンポーネントの採用、ログイン判定の方法変更、環境変数の設定、ローディングの設定などが含まれています。

 

 

 

Next.js、Prisma、GraphQL Code Generator で作るフルスタックWebアプリケーション

 

 

『Next.js、Prisma、GraphQL Code Generatorで作るフルスタックWebアプリケーション』は、寺嶋祐稀著によるモダンなWebアプリケーション開発の手法を解説した書籍です。この本では、特にNext.js、Prisma、GraphQL Code Generatorを使用したWebアプリケーションの構築方法に焦点を当てています。

本書では、Tailwind CSS、NextAuth.js、Apollo GraphQLなどの他の技術についても説明しており、現代のWebアプリケーション開発に興味がある方には特に推奨されています。内容は以下の章に分かれています。

  1. Next.jsのセットアップ
  2. Prismaのセットアップ
  3. GraphQL Code Generatorのセットアップ
  4. テストコードの追加
  5. 本番環境へのデプロイ
  6. 次のステップ

 

 

実践TypeScript ~ BFFとNext.js&Nuxt.jsの型定義~

 

 

「実践TypeScript ~ BFFとNext.js&Nuxt.jsの型定義~」は、吉井健文著の書籍で、TypeScriptの型システムに特化した内容を提供しています。主にTypeScriptやJavaScriptでアプリケーション開発の経験がある人を対象としています。

本書は二部構成になっており、第1部「導入編」では、TypeScriptの型システムの基礎知識、型推論、型安全、型の互換性や結合、さらには高度な型などを体系的に解説しています。ここでは、TypeScriptの開発環境設定や基本的な用語についても学ぶことができます。

第2部「実践編」では、導入編で学んだ知識を基に、特定のフレームワークであるNext.jsとNuxt.jsに焦点を当てています。この部分では、これらのフレームワークを通じてTypeScriptを学ぶことにより、今後のTypeScriptプログラミングにおいて重要な基礎知識を身につけることができます。また、フレームワークに関連するAPIの知識が古くなっても、それらを支える型定義の知識は変わらないため、長期的な視点で役立つ内容となっています。

全体的に、本書はTypeScriptの型システムに関する知識を深く学ぶためのものであり、実践的な活用方法にも触れています。JavaScript経験者がTypeScriptを学ぶための参考書として位置づけられており、JavaScriptからの移行やフレームワークとTypeScriptを組み合わせた使い方などがメインの内容となっています。

 

 

Node.js超入門

 

 

『Node.js超入門[第4版]』は、掌田津耶乃著によるNode.jsの入門書で、特にJavaScriptの基礎知識を持ちつつ、Node.jsについては未経験の読者を対象にしています。この本は、Node.jsの基本的な使い方から応用までを丁寧に解説しており、既存の入門書で挫折した人でも理解しやすい構成となっています。

本書では、Node.jsを使ったWebアプリケーションの開発に関する基礎知識や、HTMLファイルの使用方法、テンプレートエンジンの利用方法、ルーティングの概念、データのやり取り、パーシャル、クッキーの利用、メッセージボードの作成方法などが説明されています。また、フレームワーク「Express」の使用方法やデータベースの操作、Prismaを使用したORMのマスタリング、アプリ開発の実際についても触れられています。

Webアプリ開発におけるNode.jsの重要性と使い方を実践的に学ぶことができるため、Node.jsを学びたい初学者や、基礎を固めたい中級者にとっても役立つ内容となっています。

 

Nuxt 3 フロントエンド開発の教科書

 

『Nuxt 3 フロントエンド開発の教科書』は、WINGSプロジェクトの齊藤新三による著作で、山田祥寛が監修を務めています。この書籍は、Webアプリケーションフレームワーク「Nuxt 3」に焦点を当てたもので、最近のSPA(Single Page Application)開発におけるSSR(Server Side Rendering)の需要に応えています。

 

この教科書は、Nuxt 3の基本から、Composition APIやTypeScriptを使ったアプリケーション開発の方法、エラー処理、さらにはNetlify、AWS Lambda、Herokuなどの本番環境へのデプロイ方法までを網羅しています。内容は初心者から中級者向けで、Nuxt 3を使ったWebフロントエンド開発に関心のある方に最適です。

主な内容としては以下のような構成になっています。

  1. Nuxtの基本的な使い方と概念
  2. Nuxtアプリケーションの基本構造
  3. ルーティングの基本と応用
  4. データ取得処理
  5. Nuxtのサーバ機能
  6. エラー処理
  7. ミドルウェアの使用
  8. Nuxtの動作メカニズム
  9. 本番環境へのデプロイ

 

本書では、Nuxt 3の特徴や利用方法について詳細に解説しており、実践的なスキルを学ぶことができます。

 

 

 

 

プロを目指す人のためのTypeScript入門 安全なコードの書き方から高度な型の使い方まで

『プロを目指す人のためのTypeScript入門 安全なコードの書き方から高度な型の使い方まで』という本は、鈴木僚太氏によって書かれたTypeScriptの入門書です。この本は、TypeScriptの基礎から応用までを体系的に解説しており、JavaScriptに静的型付けの機能を加えたTypeScriptの特徴や機能について深く掘り下げています。

本書では、TypeScriptに組み込まれたJavaScriptの仕様や機能に加えて、TypeScript独自の仕様や機能も詳しく説明されています。例えば、条件分岐、オブジェクトの基本とその型、関数の作り方や型、そしてクラスの宣言と使用など、多岐にわたるトピックがカバーされています。

また、本書は初学者にも理解しやすいように書かれており、TypeScriptの基礎知識を学ぶのに適していると言えます。