【医療政策】おすすめ本(医療入門から大学,大学院教科書)ランキング

医療政策は、公衆衛生の改善、医療サービスの質の向上、医療へのアクセスの拡大、医療費のコントロールなどを目的とした国や地域の政策です。医療政策は、保健システムの枠組み、医療サービスの提供、医療技術の進展、人口の健康ニーズ、経済的要因など、多岐にわたる要素に影響を受けます。

 

医療政策の概要

医療政策は、公衆の健康を守り、医療サービスの提供を改善するための重要な方策です。その主要な目的は、病気の予防、医療の質の向上、そしてすべての人々が必要とする医療サービスへのアクセスを確保することにあります。

  • 公衆衛生と予防:これは、疾病の予防と健康の促進に焦点を当てた政策です。予防接種、健康教育、および疾病予防プログラムを通じて、医療システムへの負担を軽減することを目指します。
  • 医療サービスの提供:この政策は、医療施設の基準設定、医療従事者の資格要件、および医療技術の適切な使用に関わります。これにより、医療サービスの提供方法とその質が保証されます。
  • 医療保険:市民が医療サービスを利用できるようにするための保険制度に関する政策です。公的保険と私的保険の両方を含み、医療費用の負担を軽減します。
  • 医療アクセス:すべての人が医療サービスを受けられるようにすることを目的とした政策です。これは、地理的なアクセスや経済的なアクセスの問題を解決することを目指しています。
  • 医療の質:医療サービスの質を保証するための基準やプロトコルに焦点を当てた政策です。患者の安全、治療成績の評価、および医療ミスの防止が含まれます。
  • 医療費の管理:医療サービスのコストを効率的に抑えることに焦点を当てた政策です。価格設定、費用負担、および予算配分が主な焦点となります。

医療政策の課題

  • 医療費の増大: 医療技術の進歩と高齢化社会の進行により、医療費が増大しています。
  • 医療アクセスの不平等: 地理的、経済的、社会的要因により、医療サービスへのアクセスに格差が生じています。
  • 医療人材の不足: 医師や看護師などの医療従事者の不足は、多くの国や地域で深刻な問題です。
  • 公衆衛生の課題: 新興感染症の発生や慢性疾患の増加など、公衆衛生に関する課題が増えています。
  • 医療の質の向上: 医療ミスの減少、治療成績の向上など、医療の質を継続的に改善する必要があります。
  • 医療技術の進展と倫理: 遺伝子編集や人工知能を用いた治療法など、新技術の進展に伴う倫理的な問題が出てきています。

医療政策は、これらの課題に対処し、健康で公平な社会を実現するために不可欠です。しかし、限られた資源をどのように配分し、どのような政策を優先するかについては、国や地域によって意見が分かれることが多いです。

 

 

 

 

 

医療政策の本ランキング

 

1 . この国の医療のかたち 医療政策の動向と課題
2 . 世界一わかりやすい 「医療政策」の教科書
3 . 入門 医療政策 – 誰が決めるか、何を目指すのか
4 . 医療政策を問いなおす
5 . 日本の医療 増補改訂版: 制度と政策
6 . マンガ 誰でもわかる医療政策のしくみ vol.1
7 . マンガ 誰でもわかる医療政策のしくみ vol.2
8 . マンガ 誰でもわかる医療政策のしくみ vol.3
9 . 日本でいちばんわかる 新・医療政策のしくみ
10 . 医療政策集中講義: 医療を動かす戦略と実践
11 . 医療の経済学—経済学の視点で日本の医療政策を考える
12 . 公立病院改革と医療政策
13 . 医療経済・政策学の探究
14 . これからの保健医療福祉行政論
15 . 医療組織のトップ・マネジャー
16 . 医良戦略2040~2040年の医療を生き抜く13の戦略
17 . 患者+医師だからこそ見えた デジタル医療 現在の実力と未来
18 . 医療現場のお金の話
19 . いまさら聞けない病院経営

 

 

書籍概要

この国の医療のかたち 医療政策の動向と課題

 

『この国の医療のかたち 医療政策の動向と課題 2025年のヘルスケアシステム』は、尾形裕也によって書かれた200ページの書籍です。この本は、2006年の医療制度構造改革以降の日本の医療の動向や、第2次安倍政権下の医療政策に関する考察を含む医療政策の長期的なビジョンについて詳しく述べています。

また、2014年から2021年にかけての医療政策に関する40の論説と問題提起を扱っており、医療政策の現状と将来の展望についての洞察を提供しています。医療介護総合確保推進法案や地域医療構想における必要病床数の推計など、さまざまなトピックが含まれています​​。

 

 

 

 

世界一わかりやすい 「医療政策」の教科書

 

『世界一わかりやすい「医療政策」の教科書』は、津川友介氏によって執筆された本で、医療政策と医療経済学に関連する重要なトピックを分かりやすく解説しています。この本は、高齢化社会において日本に必要な医療政策を理解するためにデザインされており、ハーバード大学で学んだ著者が医療政策・医療経済学に関するセオリーとエビデンスを基に、普遍性があり日本の医療にも適用可能な内容を紹介しています。

内容は、医療政策学および医療経済学を網羅しており、平易な言葉で丁寧に説明されているため、医療政策を学ぶ日本人にとって理想的な入門書とされています。医療政策の理論と実際、さらにはその背景にある社会的および歴史的な要因についても触れており、多角的な視点から医療政策を理解するのに役立ちます​​​​。

 

 

入門 医療政策 – 誰が決めるか、何を目指すのか

 

『入門 医療政策 – 誰が決めるか、何を目指すのか』という本は、真野俊樹によって著された医療政策に関する入門書です。この本は、日本の医療システムが直面している多くの課題に焦点を当てています。具体的には、高齢者医療費の増大、TPP参加に伴う国民皆保険制度への影響、さらに医療者、政府、患者などの関係者間の利害対立が激化している状況を取り上げています。

以前は経験や直感に基づいて決定されていた医療政策も、現在ではデータに基づく検証や理論的なアプローチが求められています。この本では、これらの医療政策の課題に加えて、その学問的裏付け、決定過程の実態、世界各国の医療制度の例、そして今後の展望について詳しく解説しています。また、医療政策学という新しい学問分野の必要性についても論じられています​​​​。

 

 

 

 

医療政策を問いなおす

 

『医療政策を問いなおす ─国民皆保険の将来』は、島崎謙治著の本で、日本の医療政策について深く考察しています。この本では、国民皆保険制度の構造や意義、そして日本の人口構造の変化が医療制度に及ぼす影響などが詳細に分析されています。著者は、医療政策の理論と実務に精通しており、我が国の医療政策の適切な方向性と道筋を提示しています。

本書の目次は以下の通りです。

  1. 序章:問題の所在
  2. 第1章:日本の国民皆保険の構造と意義
  3. 第2章:歴史から得られる教訓と示唆
  4. 第3章:近未来の人口構造の変容
  5. 第4章:人口構造の変容が医療制度に及ぼす影響
  6. 第5章:医療政策の理念・課題・手法
  7. 第6章:医療提供体制をめぐる課題と展望
  8. 第7章:医療保険制度をめぐる政策選択
  9. 終章:結論と課題

この本は、医療問題に関心を持つすべての人にとって非常に有益な内容となっています。特に日本の医療制度の変化や未来の方向性について深く理解したい方にはおすすめの一冊です。

 

 

 

日本の医療 増補改訂版: 制度と政策

 

『日本の医療 増補改訂版: 制度と政策』は、日本の医療制度とその改革に関する詳細な分析を提供する本です。著者の島崎謙治氏によって書かれたこの書籍は、日本の医療費の増加と就業人口の減少に対処するための国民皆保険の危機的状況を探求しています。

内容の概要として、本書は以下のような要素を含んでいます。

  1. 日本の医療制度の歴史的沿革と基礎を分析。
  2. 医療制度と政策の国際比較を通じて、ドイツ、アメリカ、スウェーデンの医療制度改革を検討し、それらが日本に与える示唆を探る。
  3. 日本の医療保険制度の基本問題と、各医療保険制度の構造と政策課題。
  4. 医療供給制度の構造と改革の方向性、医療供給制度の改革手法についての議論。
  5. 最終章では、要約、結論、及び今後の課題について総括しています。

初版から約10年経過し、最新の政策動向を含む形で大幅に加筆された増補改訂版となっています。この本は、日本の医療制度の現状と将来の改革についての理解を深めたい方々にとって価値ある資料となるでしょう​​​​。

 

 

マンガ 誰でもわかる医療政策のしくみ vol.1

 

 

『マンガ 誰でもわかる医療政策のしくみ vol.1』は、医療や介護に関する政策をマンガ形式で解説する本です。この本は、医療政策の決定プロセスや中央社会保険医療協議会(中医協)での委員の発言内容などを含め、リアルに医療政策を描いています。これにより、読者は医療政策についてより深く理解することができるでしょう。

 

 

マンガ 誰でもわかる医療政策のしくみ vol.2

 

『マンガ 誰でもわかる医療政策のしくみ vol.2 ―2014年度診療報酬改定徹底解説―』は、2014年度の診療報酬改定に焦点を当てた医療政策解説マンガです。

このマンガは、診療報酬の基本と背景を詳しく説明し、2014年度の改定ポイントとその年の医療政策ニュースをわかりやすく解説しています。これにより、読者は改定に込められた国の狙いや患者、医療機関への影響を理解することができます。​​

 

 

マンガ 誰でもわかる医療政策のしくみ vol.3

 

『マンガ 誰でもわかる医療政策のしくみ vol.3 ―2016年度診療報酬改定徹底解説―』は、医療政策と行政情報の専門家である鳥海和輝が編著し、田中へこが漫画を、田淵アントニオが原案を手掛けた書籍です。この本は、2016年の診療報酬改定に関する重要なポイントを詳細に解説しています。特に、入院医療、外来医療、DPC(診断群分類)、在宅医療の4つの分野に焦点を当てて、改定のポイントをマンガを交えて解説しています​​。

本書の内容は、ビギナーズガイドから始まり、平成28年度の診療報酬改定の概要をマンガで理解しやすく紹介しています。また、各トピックには、入院医療の施設基準の厳格化や地域包括ケア病棟、手術・麻酔の出来高評価、主治医機能の評価、在宅医療の報酬体系の大幅見直しなどが含まれています。診療報酬の初心者から専門家まで、幅広い読者に役立つ情報が提供されています。

この書籍は、医療政策に関心のある一般読者だけでなく、医療経営に関わる専門家にも有用な情報を提供することを目的としています。単に過去の点数表の比較に留まらず、診療報酬の背景や議論の流れを解説し、読者が改定結果の理解を深めることができるように構成されています​​​​。

 

 

 

 

 

 

日本でいちばんわかる 新・医療政策のしくみ

 

『日本でいちばんわかる 新・医療政策のしくみ -2018年度診療報酬改定編-』は、医療政策に関する情報をわかりやすく伝えることを目的とした書籍です。この本は、2018年の診療報酬の改定について詳しく解説しており、2025年に向けての医療政策の大きな転換点を扱っています。特に、診療報酬の基本的な概念から改定の詳細に至るまで、やさしい説明とイラスト、図を用いた視覚的な表現によって理解を助けています。

本書は、医療政策の初心者にも優しく、専門家も納得の内容とされており、医療政策についての基本的な知識や、2018年度の診療報酬改定の背景とその影響について学ぶのに適しています。レビューによると、診療報酬改定をイラストや図を交えてやさしく解説されており、会話調での表現も含まれているようです​​​​。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

医療政策集中講義: 医療を動かす戦略と実践

 

 

『医療政策集中講義: 医療を動かす戦略と実践』は、東京大学公共政策大学院の医療政策教育・研究ユニットが編著した本です。この書籍は、医療政策に関する幅広いトピックをカバーしています。特に、高齢化が進む日本社会における医療・介護ニーズと現在の提供体制の間に生じているミスマッチ、いわゆる「2025年問題」への対処に重点を置いています。

内容については、医療政策に関連するさまざまな分野が取り上げられており、各分野についての専門家による集中講義が収録されています。これには臨床医学の各分野や公衆衛生学、看護学、薬学、基礎医学などが含まれています。

この本は、医療政策に関心を持つ学生、専門家、一般読者にとって有用な情報源であり、日本の医療システムの将来的な課題とその解決策についての洞察を提供しています。また、現代の医療政策に関する知識を深めるための基本的なガイドとしても機能しています。​​​​

 

 

 

医療の経済学—経済学の視点で日本の医療政策を考える

 

『医療の経済学 – 経済学の視点で日本の医療政策を考える』は、経済学の視点から日本の医療政策を分析し、解説する本です。著者の河口洋行氏は、一橋大学商学部卒業後に日本興業銀行に入行し、その後国際医療福祉大学や英国ヨーク大学大学院で医療経済学を学び、現在は成城大学経済学部教授として活動しています​​。

本書は医療経済学の基礎理論から実証研究までを網羅しており、日本の医療制度が直面する問題を医療経済学というツールを用いて平易に解説しています。この書籍は、医療経済学に関する定評ある教科書として、学術的な観点から日本の医療政策についての理解を深めるのに役立つ内容となっています​​。

 

 

 

公立病院改革と医療政策

 

 

『公立病院改革と医療政策』は川島秀樹氏、白木秀典氏、後藤浩士氏によって共著された本で、公立病院の経営悪化とその改革について深く掘り下げています。本書は116ページにわたり、公立病院の経営問題やそれに伴う医療不在の現状、さらには改革の方向性を経済学的な視点から分析しています。具体的には、アンケート分析、評判分析、経済効果の分析手法などを用いて、公立病院のガバナンスや管理の事例を取り上げ、今後の改革への道筋を示しています。

著者たちはそれぞれ異なる専門分野を持っています。川島秀樹博士は経済学の専門家で、白木秀典博士はMBA(経営学修士)を持ち、後藤浩士博士は法学の専門家であり税理士でもあります。彼らの専門知識が融合されたこの本は、公立病院の改革における実際の問題点や解決策を深く理解するのに役立つ内容となっています。

 

 

 

 

 

医療経済・政策学の探究

 

 

『医療経済・政策学の探究』は、日本の医療経済と政策学に関する実証研究を集めた本です。これは、1985年から2017年にかけての研究を総括し、医療経済・政策学の発展過程を示しています。本書には26の論文が収録されており、それぞれが異なる医療経済と政策に関連するトピックを取り扱っています。

この本の特徴は、30年以上にわたる医療経済・政策学の研究を概観し、各論文が当時の状況や問題点に対する解決策を提供している点です。論文のテーマは、脳卒中リハビリテーション、地域・在宅ケアの経済分析、人口高齢化、技術進歩、医療費の増加、医療提供体制の変化、医師の所得と勤務形態など多岐にわたります。

この本は、医療経済・政策学の専門家だけでなく、関連分野の研究者や学生にも有用な情報を提供しています。また、日本の医療システムや医療政策についての理解を深めたいと考える人々にも参考になるでしょう。

 

 

これからの保健医療福祉行政論

 

 

「これからの保健医療福祉行政論 第3版」は、保健医療福祉行政の全体像を広範囲にわたり扱っている本です。この本は、法・制度とそのしくみ、施策化・政策形成、地域づくりに重点を置いています。具体的には、第I章では保健医療福祉行政の法的基盤とその目標について、公衆衛生の法的基盤、国民の権利と義務、保健医療福祉行政の目標と理念などを解説しています。第II章では、保健医療福祉の地域づくりを推進する行政のしくみと機能に焦点を当てています。ここでは、社会保障と税の一体改革、関連機関とそのしくみ、新しい地方自治や地方分権、情報公開と個人情報保護などが詳しく述べられています。

また、本書の特徴としては、「施策化」や「政策形成」に関する内容の充実が図られており、PDCAサイクルに沿ったプロセスや方法が説明されています。さらに、「ケアシステム」の構築、ネットワークづくり、事業化、社会資源の開発・活用についての実践事例も提供されています。新規項目としては、SDGs(持続可能な開発目標)に関する言及も含まれています​​​​。

このように、「これからの保健医療福祉行政論 第3版」は、保健医療福祉行政に関する包括的かつ現代的な視点を提供する書籍と言えるでしょう。

 

 

 

 

 

 

医療組織のトップ・マネジャー

 

『医療組織のトップ・マネジャー』という本は、病院経営におけるトップ・マネジャー、特に院長としての医師の役割と成長過程に焦点を当てた研究書です。著者は医師から経営者に転向する過程における変革型リーダーの役割と、その発達メカニズムを探究しています。この本では、医療の高度化や医療ニーズの多様化といった医療業界の現代的な課題に対応するために、専門職の医師がどのようにマネジメントスキルを習得し、組織変革を牽引していくかを詳細に検証しています。

本書の内容は以下のように構成されています。

  1. 序論
  2. 医療組織と医師のキャリア形成
  3. リーダーの成長に関する先行研究
  4. 研究の対象と方法
  5. 病院における変革型リーダーの仕事と役割
  6. 医師のリーダーとしての発達的変容
  7. 結論

著者自身も医学と経営学の博士号を持ち、医療とマネジメントの両方の視点から病院経営に必要なスキルと経験について解説しています。特に、医師が臨床医から経営者へと自らのアイデンティティを変化させ、能力を発揮する過程について詳細な洞察を提供しています​​​​。

この本は、医療組織のマネジメント、医師の育成、そして専門職としてのキャリアを築く方々にとって有益な情報を提供する研究書となっています。

 

 

 

 

 

医良戦略2040~2040年の医療を生き抜く13の戦略

 

 

『医良戦略2040~2040年の医療を生き抜く13の戦略』は、日本の医療の未来に焦点を当てた本です。この本は、2030年から2040年にかけて直面しそうな医療の課題と、それらに対処するための戦略を探る内容になっています。

本書は5つの章から構成されており、各章で異なるテーマが扱われています。第1章では、医療の課題に対する取り組みやCOVID-19対策、医療制度の改革について考察されています。第2章では、医療を社会問題として捉え、日本の医療技術を活用して次世代の医療を切り拓く方法について論じられています。第3章では、求められる人材像や医師の働き方改革について探求されています。第4章では、グローバルな視点から日本の医療を見直し、パンデミックを踏まえた未来の医療について議論されています。最後の第5章では、多様な価値観を受け入れ、地域医療や患者・市民との協働について述べられています。

この本は、千葉大学医学部附属病院次世代医療構想センターが編集し、吉村健佑、佐藤大介、成瀬浩史らが著者として名を連ねています​​​​。

 

 

 

 

 

患者+医師だからこそ見えた デジタル医療 現在の実力と未来

 

『患者+医師だからこそ見えた デジタル医療 現在の実力と未来』は、デジタル医療の最前線に関する深い洞察を提供する書籍です。著者は、ギラン・バレー症候群を経験した医師で、その経験を通じて、デジタル医療の現状と将来性について独自の視点で論じています。

特に、病床からの研究として「MySOS」などの国産医療ソフトの開発に関わっており、この分野での日本の医療技術の進歩とその影響を詳細に探っています本書では、デジタル医療の現状と将来の可能性に焦点を当てており、特に日本の医療産業の成長や国産医療ソフトの実力についての考察が含まれています。

 

 

 

 

 

医療現場のお金の話

 

 

「中堅どころが知っておきたい医療現場のお金の話」は、病院経営と医療制度の仕組みをイラストでわかりやすく解説した書籍です。この本は、医療現場の次世代リーダーやマネージャーが正しい知識を持つことで、病院経営に大きな影響を与えることができるという観点から書かれています。最新の情報を追加しており、在院日数の短縮や7対1体制の維持、新型コロナウイルス感染症が医療経営に与える影響など、病院内のお金の流れを意識することで見えてくる課題について詳しく説明しています。2022年度の診療報酬改定を反映した内容となっており、著者は奈良県立医科大学の公衆衛生学講座の研究員と教授による共著です​​。

本書の目次を見ると、医療経営のリアル、診療報酬の仕組み、病院収支の仕組み、将来人口・超高齢社会のゆくえなど、幅広いテーマについて網羅的に解説していることがわかります。各章では、医療機関の経営難、経営改善策、人手不足と人件費の問題、在院日数短縮の影響、診療報酬の基本、外来診療報酬、看護師の配置と経営管理、DPC制度、監査と行政・第三者機関との関わり、病床数の考え方、薬剤利益、財務諸表の読み方、社会保障費の増大など、医療現場で直面する様々な課題や経営戦略について詳細に説明しています​。

この書籍は、病院経営に関わる医療従事者や、医療制度について学びたい人にとって有用な資料です。医療現場のお金の流れを理解することは、より良い医療サービスの提供に直結します。そのため、本書は医療現場での経営戦略や政策決定に役立つ知識を提供する一冊と言えるでしょう。

 

 

 

 

 

いまさら聞けない病院経営

 

『いまさら聞けない病院経営』という本は、足利赤十字病院の院長として成功した経営を行い、赤十字病院郡の中でトップの経営成績を収めた小松本悟氏によって書かれています。この本では、病院経営における様々な側面が取り上げられており、具体的な経営実践やデータ分析、シミュレーション、行動などが解りやすく紹介されています。また、一般病院における経営改善に役立つ分析手法が満載されているとされています​​。

本の内容は大きく二部に分かれており、第一部では経営者としての心構え、経営指標の読み方と経営戦略、病院の生産性と財務諸表の読み方などが扱われています。第二部では2025年への新たな未来に向けたメッセージや、病院幹部に求められるガバナンス、経営管理からみた病院建築・設備のあり方など、幅広いトピックが含まれています​​。

著者の小松本悟氏は、慶応義塾大学医学部を卒業し、医学博士学位を取得した後、1990年に足利赤十字病院に着任しました。その後、医療管理政策学修士(MMA:医業のMBA)を取得し、2008年に院長に就任しました。小松本氏は、2021年に足利赤十字病院名誉院長に就任し、慶応義塾大学医学部客員教授、独協医科大学臨床教授、群馬大学医学部臨床教授、日本病院会副会長などを歴任し、2022年には瑞宝中綬章を受章しています​​。

病院経営に興味がある方や、病院管理者、医療関連の仕事をしている人にとって有益な情報を提供するでしょう。