フロントラボ: 経済学・公共政策大学院院試・大学院留学
 
FRONT LAB

【東京大学大学院経済学研究科】合格受験対策 – 難易度や試験方式をチェック

*2020年〜2022年の入試で筆記試験は中止となりました。

入試概要・募集人数

経済専攻 60名

マネジメント 50名

 

専 攻 コース 募集人員
経 済 経 済 学 60 名
統 計 学
統 計 学
経 済 史
マネジメント 経営学 50 名
数量ファイナンス

 

試験

筆記試験

専門科目

経 済 学 問題群Iの 2 問を解答する。
統 計 学 問題群IIの 2 問を解答する。
統 計 学 問題群I、II、IV、Vから、志望コースそれぞれの指示に従い、2 問を選択する。
経 済 史
経営学 問題群IIIから 2 問を選択する。
数量ファイナンス 事前に GMAT の試験を受け、スコアシートを提出する。(専門科目の筆記試験は行わない。)

専門科目の詳細

専門科目問題群I(ミクロ・マクロ 基礎、ミクロ・マクロ 応用)
専門科目問題群II(統計基礎、数学)
専門科目問題群III(経営 1、経営 2、財務・会計 1、財務・会計 2)
専門科目問題群IV(日本経済史、外国経済史)
専門科目問題群V(世界経済)

数量ファイナンスコースを志望コースとする者は、専門科目において、GMAT のスコアを利用

 

口述試験

口述試験は、筆記試験の成績及び提出書類の審査によって選抜された者についてのみ

 

 

提出書類

外国語

受験外国語は、経済専攻を志望する者は、英語、ドイツ語、フランス語から 1 カ国語を選択するが、マネジメント専攻を志望する者は、英語。

基本はTOEFLとなります。

 

計画書

研究計画書

ア.経済学コースの研究計画書は、使用言語は日本語又は英語とする。A4版の用紙を使用し、今後の研究テーマ、研究目的及び研究方法について、日本語の場合は5,000字程度、英語の場合はダブルスペースで5ページ以内

イ.統計学コースの研究計画書は、A4版の用紙で10ページ以内とし、最初の3ページに統計コースを志望した理由、動機とともに入学後の研究計画を記載し、残りの枚数で統計学または計量経済学に関するエッセーを記載

ウ.地域研究コースの研究計画書は、A4判の用紙を使用し、今後の研究テーマ、研究目的及び研究方法について、日本語の場合は5,000字程度(A4用紙3ページ以上)、英語の場合はダブルスペースで3ページ以上5ページ以内

エ.経済史コースの研究計画書は、A4で10ページ以内、内訳として、大学院入学後の研究計画について3ページ以内、経済史に関する小論文を7ページ以内にまとめること。なお、使用言語は日本語又は英語

オ.経営学コースの研究計画書は、A4判の用紙を使用し、今後の研究テーマ、研究目的及び研究方法について、日本語の場合は6ページ程度(10,000字程度)、英語の場合はダブルスペースで9ページ程度

カ.数量ファイナンスコースの研究計画書は、A4判の用紙を使用し、前半部分で今後の研究テーマ、研究目的及び研究方法について日本語の場合は3,000字程度、英語の場合はダブルスペースで3ページ程度でまとめ、後半部分で数量ファイナンスに関連して学習していることについて日本語の場合は7,000字程度、英語の場合はダブルスペースで7ページ程度

 

推薦書

・筆記試験実施の場合、経済学コース、統計学コース、地域研究コース、及び経営学コースは1通必須、2通目任意とする。経済史コースは提出することが望ましいが、その提出は任意とする。

・筆記試験を取り止める場合、経済学コース、統計学コース、地域研究コース、経済史コース及び経営学コースは1通必須、2通目任意とする。

・数量ファイナンスコースはその提出は任意とする。

 

論文(任意)

論文は特定のテーマに関してまとめたもので、A4判の用紙を使用し、使用言語は日本語又は英語とする。

日本語で作成する場合は、原則として8,000字程度(16,000字程度まで可)とする。

英語で作成する場合は、ダブルスペースで8ページ程度(16ページ程度まで可)とする

社会人の場合には、現在の問題関心についてまとめたものを提出してもよい。

参考業績 (任意)

参考業績として、著書、論文、調査・報告書、学会報告等を提出することができる。

 

職務内容説明書(任意)

任意

GMAT

数量ファイナンスコースを志望コースとする者のみ